お金がないときどうやって過ごしてますか?

> 普通に生活費がない

切実な普通の生活費がない!?

今貧困の差が生まれているんではないでしょうか?
方や六本木や麻布の超がつく高級マンション月間200万円の賃貸で
暮らす人もいれば地方のはずれで月3万くらいのアパートに暮らす人もいます。
貧困と言うと大袈裟かもしれませんが、収入の格差というものは確実に存在します。
もちろん、今回は金持ちのことはどうでもよく貧乏な生活費もカツカツのそこのあなたに
むけてこの文章を書いています。って失礼な!
生活費がなくなるってどんな時なのだろうかと純粋に思い書いているわけですが。


まず、最低限の生活費について考えてみましょう・・・

実家暮らしとかそういうのは抜きにして自立しているということを前提に考えると
最低でも家賃、食費が必要になりますね。

家賃3万、食費1日1000円×30=3万 合計6万

とってもざっくりとした計算ですが、きりきりで生活すれば実は6万くらいでことは
たりるのかもしれないなあと思いました。

よく生活費が足りなくなってキャッシングをしたとか話している人を見かけますが
それって実は贅沢なんじゃないかなって。
生きるという意味で必要のない出費を考えてみました

削れるものはないか or 収入を増やすしかない

本当に人間はめんどくさいもんで、上で書いたことってもう一般的になってきていて必需品とまで言われてしまっている可能性もあるでしょう。結局のところ人間らしい生活ってちょっとしたお金を使った生活になってしまうのではないでしょうか。

なんだそんな話かということになりそうですが、結局そうなのだから仕方ないです。
でどういった解決策があるかというと、削れるものを減らして収入をアップできるようにすることを考えるしか方法は他にはありません。異性にヒモとして依存するとか裏技的なものはあるかもしれませんが。。。